オンラインカジノの必勝法

日本語対応で人気のオンラインカジノの必勝法を公開します

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとはインターネットを利用してプレイすることのできるカジノです。その歴史は古く、1990年代より世界中の多くのギャンブラーを虜にしています。ネットでギャンブルと言うと、どうしても胡散臭いと思われがちですが、実際には政府の発行した公式ライセンスを導入しており、運営機関も世界有数の一流ブランドが参入するクリーンで公正なギャンブルです。数多く存在しているギャンブルの中でも非常に高いペイアウト率を誇っており、他のギャンブルと比較しても勝ち易いという魅力があります。 更に、PCとネット環境さえあれば24時間いつでもプレイすることができ、自宅からのんびりと自分のスタイルに合わせて楽しむことの出来る新しいスタイルのギャンブルと言えます。
出典:オンラインカジノとは

オンラインカジノって何?

オンラインカジノ・ネットカジノとはその名の通り、ネットを介して実際のお金を賭けるカジノに参加することができるオンライン上のカジノのことです。このオンラインカジノで日本人でも1億円以上稼いだ方もおられるようです。さて、このオンラインカジノですが、様々なゲームがあります。それこそルーレットやバカラ、ブラックジャックなど実際のカジノとそん色なく遊べます。

カジノ、しかもオンラインとなるとインチキではないかと思われる人もいるでしょう。確かにそういったオンラインカジノもあります、ただし、実際には大手で政府のライセンスを受けているオンラインカジノも多く、そのようなところでプレイすれば問題は起きません。また、どんなところが経営しているのでしょうか。オンラインカジノは1社で経営しているというよりも運営会社、ソフトウェア会社、決済会社などのように複数で運用している例が多いようです。また、有名なところでは、ヴァージングループやヒルトングループなども運営に乗り出しているということで、様々な経営体が存在します。では、最後にオンラインカジノで勝てるのか、というのが最も関心のあるところでしょう。実は、オンラインカジノの払い戻し率は96%といわれており、日本の公営ギャンブルよりよほど高い勝率となっています。一度オンラインカジノについて調べてみてはいかかでしょうか。

オンラインカジノであそぶのは法律違反?

プレイしているところが日本で、サーバーが海外に置かれていても、違法とされる事例が徐々に増えています。それだけでなく、プレイしていないのに違法となる可能性があり、オンラインカジノは注意深く取り扱わなければならないことです。摘発されているのは、違法行為と思われているからであり、実際に警察が犯罪行為だろうと思っていることは、全て該当してしまうものです。最近は、アフィリエイトをオンラインカジノがよく出していることがあり、これを経由して登録してもらい、お金を使っているユーザーに支払いをしています。実はこれも違法行為に該当するものとなり、オンラインカジノが日本のユーザーを多く取り込みたいと思っている場合は、助長行為扱いになります。実行されているのが違法性のある日本であれば、逮捕できる事例が2016年以降出ているので、オンラインカジノのアフィリエイトを出しているだけで逮捕される可能性もあるのです。

合法的に行えるというより、違法スレスレでやっている非合法に近いものと考えてもいいです。違法になるかどうかは、警察の判断によってすべて変わってしまうので、場合によって違法とされたり、そう取られなかったりすることもあります。時が過ぎれば、更に違法とされる事例は増えることも予想されます。

私のオンラインカジノとの付き合いの歴史とオンラインカジノに対する思い

○オンラインカジノとの出逢い○

私が初めてオンラインカジノと出会ったのを思い返すと、学生の頃友人につられてやったという記憶が思い当たります。

どの会社かは覚えていませんが、英語表示が目立っていた会社でしたから海外の会社だと思います。
学生の頃お金がなくて、それでもテンションだけは高く、何でも挑戦したがる性格でしたから、その私よりもはるかに行動的だった友人が勧めたカジノに興味を持ちました。

「ギャンブルなんて運だよ」
という友人の言葉に共感しつつも、どこかで論理的に攻略できると思い、シンプルなルーレット、ポーカー、ブラックジャック程度ならば素人でも何とかなるルールですから無料ゲームなどで覚えてから参戦しました。
始めは二人で出し合ってなけなしの5万円を二人で運用していくという形です。
ある程度すれば分かってくるのですが効率から言ってルーレットの方が早く稼げます。
「攻略法」とか言ってノートで計算しているのでカードゲームは時間ばかりがかかる割に初めは全然稼げなかったです。
それで二人してボードゲームに移行してやった結果、8万円になりました。
厳密には8万円弱ですが、内訳は悲惨でした。
私は-2万円友人が約+5万円という感じでした。
要するに私は運がないのです。
知ってはしましたが、しかもお金がかかるとその運のなさがひどいくらいに出てきます。
かけたお金は1000円ずつ(ドル計算だったが)でしたからそこまで冒険した覚えはありませんが、それでも絶望的なくらいにお金が無くなりました。
その後も友人はなんと30万円以上も稼いで、最後は一緒に居酒屋で大騒ぎしたことを覚えてます。

因みにその際オンラインカジノで稼いだ額の換金は予想以上にスムースにいきました。
オンラインという不安もありましたが、1週間くらいで入金されていましたから悪くない会社だったとも思います。
ただ、当時は海外のサイトは英語表記が多くてとても日本人向けのサービスをしているとは思えませんでしたが。
ちなみに最近よく見かけるジパングカジノやジャックポットシティカジノ・インターカジノは日本人向けのサイトだと思います。
口コミが良い所は手当たり次第に無料ゲームをして体験していましたから日本人向けのサイトだと思いましたし、やはり儲けはきちんと手にしたいというのが人情ですし、その辺りがちゃんとしているのはとても好感が持てるのではないかと思います。

○カジノ&オンラインカジノとの再会○

オンラインカジノと出会った大学時代でしたが、社会人になって何かと忙しくなったこともあり暫くオンラインカジノとは疎遠になっていました。
けれども最近になって再度オンラインカジノに足を踏み入れるようになりました。
その理由としては、一人暮らしに刺激がほしくなったからです。
社会人となり、カジノをしていることは忘れかけていたころに、休日何気なく、ネットサーフィンで見つけた「オンラインカジノで稼げた」とのwordに興味が魅かれて何となく検索していると面白くなり、無料ゲームを始めました。

大した攻略法なんてありませんが私の主戦場はカードゲームです。
主にブラックジャックですが、そこまで高度な戦術や攻略法を使わずに「楽しむ程度」です。

勿論と言うか、オンラインカジノだけでは飽き足らず実際に本場のカジノに行ったこともありました。
行ったのは韓国のカジノです。
卒業旅行でゼミのグループと親しい仲間で行きましたが、もちろん勝てませんでした。
それでも仲間の中には勝てる人はいるんですね。
しかも「ビギナーズラック」とやらを初めて間近で見ました。
ゼミの女の子がブラックジャックとスロットで50万円以上勝った時はショックを通り越して惨めになりましたが。

稼げないのにカジノに挑戦するというのはアホらしいですが、それでも勝算はありました。
というのも給料だけでは物足りずに株やFXに手を出していましたから統計に関して何となく頭にイメージできるようになっていました。
特にバイナリーオプションと呼ばれる金融取引法は参考になります。
バイナリーは理論上50%の確率で勝ちます。
半町の原理です。
しかも金融の世界はギャンブルではありませんから、確かに完全に予想は出来なくともある程度は過去の流れから予想できます。
その能力がカジノでは使えました。

「勝つか負けるか」という感覚にとらわれている以上はギャンブルという感覚からは抜け出せません。
そのような状態だと「運」を言い訳にします。
運を言い訳にしたら何もできなくなります。
そうならないためにも自分ありのルールや根拠などを漠然とで良いので持っていることが大事です。
その事をバイナリーオプションで学びました。

そしてオンラインカジノへの再挑戦です。
始めは忘れていることも多かったので無料ゲームをしてルールの確認をしました。
スロットもしましたがあれはどう考えても「運」としか言いようがありませんから手は出さないと決めました。

ジパングカジノあたりが無難な気がしましたからとりあえずここからスタートしました。
もちろん無料ゲームをしたうえで、上にも書いたインターも悪くありませんでしたが、ジパングカジノの豊富なボーナスに魅かれてここにしました。

登録ボーナスをもらい、それを利用して初めはやっていましたからリスクゼロのゲームです。
正直言えばソフトの違いなんて気になるほどのものではありませんし、私みたいな素人には「ゲーム画面が綺麗であること」「サーバーが重くないこと」「ネッテラー入出金ができること」「ボーナスがあること」くらいが選定基準です。
ブラックジャックなんてどこも同じですし、ルーレットのペイアルト率が微妙に違うということも後で知りました。
そして、少なくも日本語対応がきちんとしているところであれば気にしていません。

因みに現時点の成果だけを上げると1万円が10万円になりました。
かかった期間は3ヶ月くらいです。
内訳はブラックジャックが7割、ルーレットが2割、あと他適当にやったのがあります。
「10倍になった」と言えばすごい事かもしれませんが負ける時は負けますから3万円ぐらい負ける時もありました。
それがギャンブルですし、不確定があるということですからそこにいちいち反応していません。
バイナリーの時から「論理的に」ということを重視して、ブラックジャックに挑んでいますから程よく遊んでいる程度です。

因みにオンラインカジノ自体だけでなく、入金・換金手段も大学時代に遊んでいた頃より更にしっかりとしている感じがしましたし、何より利便性やスムーズさが格段に上がっている感じがしました。

○オンラインカジノも一つのマネーゲーム○

この先も続けるかどうかは分かりませんが一つの現象として見ればオンラインカジノとは結構面白いものだと思います。
オンラインカジノは一攫千金が可能な世界であると同時に一つのシステムであり、秩序でもありますからその中でプレイヤーとして役割を演じてその秩序を崩さない程度のイレギュラー(利益)を楽しむわけです。
卒業旅行の時のビギナーズラックもそうでしたが、それ自体は大したイレギュラーではなく、大きく見ればものすごくまとまったシステムだと思います。

当たり前の話ですが私が10万稼げば、誰かが10万円損をしているわけです。
たったこれだけのことですからそれが一つの盤上で、私の場合はブラックジャックというゲーム上で一つのお金の流れが起きているわけです。
私のお金が流動的になり、そして上手くいけば自分の手元に戻ってくるわけですから何だか他のプライヤーと一心同体になったような気分があり、「稼げる」という楽しみを超えて、「誰かがこのオンラインカジノをしている」という一体感がゲームをしていて感じるわけです。
MMORPGのようなものです。

オンラインカジノが日本国内ではグレーなのも知っていますし、オンラインカジノ自体はたくさんあり、中には詐欺サイトもあります。
ですから自己責任が絶対ですし、何よりもギャンブルということを侮ることも危険です。
私は一つの投資としてカジノを利用していますから大きな損を出さないようにしていますが、未だに「一攫千金」などと勘違いをして大損をしている人もいます。
言ってしまえばただの換金ゲームです。
見返りが現金であるか、アイテムであるかの違いに一喜一憂するよりもそこで得られるもっと根本的な、通貨の流通や統計学的な問題点、プログラムと人間の競争などを見る方がずっと面白いのです。

MMORPGがオンラインと言う場を借りて寄りリアリティのあるRPGをプレイヤーが体感できるものであるように、オンラインカジノも本場のランドカジノの熱気にも負けるとも劣らない感覚を味わえる上に、オンラインカジノの一体感は通常のゲームでは味わえないのですから私はその感覚にとらわれているのかもしれません。

ジャックポットシティ必勝法

ジャックポットシティロゴ

  ã‚¹ãƒžãƒ¼ãƒˆãƒ•ã‚©ãƒ³ã§ã‚‚遊べます!

  • 優れたブラックジャックのオートプレイ機能。
      ã‚ªãƒ³ãƒ©ã‚¤ãƒ³ã‚«ã‚¸ãƒŽã®ãƒ—ログラムに波があるならオートプレイでラクラクとチップを増やすことができるかも。
  • 業界最高準のサポート体制、しかも安心の日本語対応で初心者でも安心してプレイできます!

ロイヤルベガス必勝法

ロイヤルベガスロゴ

  ã‚¹ãƒžãƒ¼ãƒˆãƒ•ã‚©ãƒ³ã§ã‚‚遊べます!

  • 長い歴史を誇るFortune Loungeグループの旗艦カジノ。
  • マイクロゲーミング系最速の4時間引き出し対応を実施。
  • 日本語にもばっちり対応しているので、引き出し方法等分からないことも簡単に質問できるぞ。

インターカジノ必勝法

インターカジノロゴ

  ã‚¹ãƒžãƒ¼ãƒˆãƒ•ã‚©ãƒ³ã§ã‚‚遊べます!

  • ブラックジャックのベット上限が非常に大きいぞ!
        ãƒžãƒ¼ãƒãƒ³ã‚²ãƒ¼ãƒ«æ³•ã‚„ココモ法の必勝法で確実に勝ちを積み重ねるチャンスだ!
  • 毎月ボーナスがもらえる。年間で数千ドルものボーナス!これだけでもかなり有利!
  • もちろん、安心の日本語オンラインサポート対応!

8017539420